So-net無料ブログ作成
検索選択

塩の道〜大糸線 [乗り物]

またまた仕事ついでに乗り鉄の話しで、恐縮です。

今回は、司法修習生と指導担当弁護士の旅行で、越後湯沢へ。

行きの日は、金曜日で、事務所で仕事をしてから夕食に間に合うように向かうため、普通に上越新幹線で直行。

大宮駅で、東北新幹線(緑色)と秋田新幹線の連結部の競演←向こうの上りの番線にも見えます。
image-20160223124055.png
こんなものに、鉄道バカは、感動するのです。すみません。

帰りは、越後湯沢駅から直行・・・で帰ってこないのが、乗り鉄の乗り鉄たるゆえん。
image-20160223124112.png
新幹線ではありません。

北越急行ほくほく線。
新潟県にある、JR上越線六日町駅(東京からみると越後湯沢の先にあります)と、JR信越本線犀潟(さいがた)駅を結ぶ私鉄。
image-20160223124127.png
かつて、北陸新幹線開業前、首都圏から金沢に列車で行くのには、新幹線で越後湯沢まで行き、越後湯沢から、上越線~ほくほく線~信越本線~北陸本線直通特急はくたか、金沢行きに乗り換えるのが、最速でした。

北陸新幹線が開業した後、金沢行きはなくなりましたが、ほくほく線は廃止されることはなく、上越線越後湯沢から、犀潟駅の先の直江津までの電車が運行されてます。
今回乗車したのは、越後湯沢と直江津を一時間足らずで結ぶ「超」快速スノーラビット。


日本でも有数の豪雪地帯を走る路線。途中十日町では、雪まつりが開催されており、十日町まで電車はすごい混雑で首都圏のラッシュ並みでした。
image-20160223124146.png
越後湯沢駅で、運転席から。雪は、若干少ないかな?

直江津駅。
image-20160223124235.png

実は、去年夏も、訪れているのですが、駅の周りを散策。雪は全くない。
image-20160223200457.png
直江津駅の駅舎は、船をイメージしているのですね。
直江兼続が開いた港だから、直江津ですからね。

さらに西進するため、お次は、直江津駅のはじっこのほうにある、一番線ホームへ。
image-20160223200519.png

えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン(旧JRが、北陸新幹線開業に伴い第三セクターに)
image-20160223200532.png

どこに向かったかと言いますと、
image-20160223200543.png

(同じような写真ですが、これは)糸魚川駅。向こうは新幹線の高架。
image-20160223200633.png


一応新幹線停車駅・・・にしては、人影すくなく、さみしい駅。
image-20160223200642.png
ちょうど昼時で、次の電車まで、一時間ほどあったので、昼食がてら散策。

ブリとタイの刺身とカレイの煮つけの定食。1500円は、お得かも。
image-20160223200700.png

日本海は、駅からすぐ。糸魚川駅は、日本で一番海に近い新幹線停車駅を売りにしているようです。
image-20160223200719.png

なかなか風情のある商店街が残っています。
image-20160223200734.png

というのも、ここは、塩の道の起点として、古くから栄えた町。
塩の道とは、上杉謙信が、松本城にいる武田信玄に塩を送った伝説で有名。つまり、日本海から陸揚げされた荷物を信州に運ぶ、重要なルートでした。
image-20160223200744.png


塩の道をたどって駅方面へ行くと、銘酒謙信の酒蔵が。
image-20160223200843.png
なかなかうまい酒でした。
このほかにも、市内には酒蔵がいくつも。

で、次は、塩の道をたどる路線へ。
image-20160223200901.png
大糸線です。糸魚川~松本を結ぶ路線。まさに、塩の道です。

といっても、今の大糸線、糸魚川~松本を直接結ぶ列車はあんまりなく、多くは途中南小谷(みなみおたり)までしか行きません。
image-20160223200914.png
南小谷で、時間の関係もあり、特急あずさに乗り換え。

白馬のあたりの車窓。さすがに雪が積もってます。
image-20160223200931.png

このまま、東京まであずさで帰りたかったのですが、これも時間の関係で、松本で乗り換え。
image-20160223200941.png

特急しなので、長野へ。
image-20160223200952.png

長野から、北陸新幹線かがやきで、大宮まで戻ってきて、無事帰還。
かがやきは、全席指定なので、事前に座席は確保しておりました。

実は、特急しなのが遅れており、長野での乗り換え時間が1分とごくわずか。
でも、ああいうときは、新幹線も待ってくれるんですね。何とか間に合ってよかったです。

nice!(11)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

我慢しすぎないことの、大切さ(^_−)−☆ [弁護士のお仕事]

この仕事をしていると、いわゆる「とんでもないこと」をしでかした人に接する機会が多いです。

そういう人は、依頼者だったり、相手方だったり、いろいろ。

とんでもないことも、犯罪だったり、そうでなかったり、いろいろ。

とんでもないことを、どうしてやってしまうのか?

よく、

我慢が足りない

という人がいます。

あれ、ちょっと違うと、思っています。

逆に、

我慢しすぎている

ことの方が、圧倒的に多かったりします。

そういう人の言い分を聞いていると、

自分だって、こんなに我慢したのに

こんなにやってあげたのに

というものが、圧倒的に多いからです。


異論もあるかもしれません。
ただ、頑張りすぎないことも、大切なのでは?
と本当思います。

これ、自分自身の、メンタルヘルスを保つにも重要。

私自身も、周りの人(主に夫?)に対して、

こんなにしてあげたのに、何だよ!

と、不満イライラがたまってきて、飲みすぎて?しまう時。

(こんなにいい夫ほかにいないのに?)なんで、こんなに理不尽な感情をもつのか?

黄色信号だと思って、自問自答するように、しています。

で、先日も、一人で、不満を解消しに、また、乗り鉄してきました(^_−)−☆
image-20160208234229.png

福島県郡山から茨城県水戸までの、水郡線(^_−)−☆
途中、袋田の滝がある、袋田駅など、見どころ多い路線。

郡山は、福島県のターミナル駅の一つ、新幹線も止まります。会津に向かう磐越西線、いわきに向かう磐越東線は、すでに乗車済み。

でも。水郡線は、一度乗ってみたいけど、乗る機会なかった路線。車の方が、圧倒的に早いですから。

先日、郡山に行った帰り、物好きにも、乗って帰ってきました。

郡山は、城下町ではありませんでしたが、古代から交通の要衝として、拓けてきたまち。

大正時代の、公会堂

image-20160208235616.png

今も、公民館として、使われています。

郡山は、会津の入り口、そばは、蕎麦食いにとって、忘れてはならないもの。
image-20160209000039.png
駅構内にしては、まあまあ。

しかし、郡山から水戸、3時間。
我ながら、鉄道バカとしか言いようがないヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

これも、世間では、とんでもないことかも。でも、誰にも迷惑は多分、かけてない。精算の際、ご迷惑かけたJRの職員の方以外は、ですが。

誰にも迷惑を、極力かけないようにして、不満を解消する、これ、案外重要だと思っています。
nice!(10)  コメント(3) 

房総横断鉄道の旅(^_-)-☆ [乗り物]

久しぶりにブログを、と思ったら、新年初でした。

ということで、皆様、明けましておめでとうございます。

1月は、5日が仕事初めで司法修習の指導担当が始まったり何かとあわただしくしているうちに、鼻風邪をひいてしまい。

風邪自体は大したことはなかったものの、のどが痛いのに裁判の尋問があったりして、結構大変でした。

おかげさまで、自転車に半月乗っておらず。

先日、全快したので、再び自転車通勤開始したところ、見事に筋肉痛です(ー_ー)!!
まあ、ちゃんと体に効いている証拠だと思って、あきらめることとします。

さてさて、そんな中でも、ちゃんと遊びに出かけておりますです。

同業者の鉄道仲間?と、千葉県の小湊鉄道・いすみ鉄道に乗ってきました。

小湊鉄道は、JR内房線の五井駅(市原市)から内陸にある上総中野(夷隅郡大多喜町)までの、ローカル線。
image-20160202125329.png
小湊という名は、本来、外房の小湊まで開通する予定だったから。
結局、小湊まで開通するという夢はかないませんでしたが、上総中野では、いすみ鉄道(旧国鉄木原)線に接続。いすみ鉄道は、外房の大原までつながっているので、一応、内房から外房まで、房総半島を横断するという夢はかなったのかな。

あ、房総半島の、東京湾よりが内房、太平洋よりが外房ね。
ただ、鉄道の路線は、なぜか外房の安房鴨川より内房まわりが内房線、外房周りが外房線。ややこしい。


上総中野駅でいすみ鉄道に乗車。
image-20160202125341.png
この車両(急行そと房)は、夫(母が長崎出身)によると、昔、長崎本線を走っていた車両で乗ったことがあるとか。
現在は、ここいすみ鉄道で、伊勢海老料理を出す食堂車(伊勢海老特急)として、活躍しています。←今回は乗っていませんが。

大多喜駅で乗り換え。
image-20160202125359.png
いすみ鉄道は、旧国鉄木原線。木原=木更津と大原。

木更津は、内房の大きな市。ドラマや、最近では氣志團で有名かな?

つまり、木原線も、木更津から大原へ、房総横断の夢?を抱いて作られた路線。
内陸の上総中野までしか開通しませんでしたが、房総横断の夢は、小湊鉄道と接続することで、かなったのかな。

ただ、木更津からは、もう一つ、房総横断の野望を抱いた路線が出ています。JR久留里線です。

久留里線は、木原線と接続する予定だったのでしょうけど、結局内陸の上総亀山というところまでしか、開通せず。どこの路線とも接続せず、房総横断の野望?果せず。久留里線の片思いに終わったようです。

大原から外房線・内房線を乗り継いで、館山で、名物の房州寿司
image-20160202125414.png
このような丸みのあるシャリが房州寿司の特徴。とても大きく、ボリュームがありました。

お品書き。
image-20160202125425.png

帰り、JR京葉線から見た、千葉港の夕景がきれいでした。
image-20160202125438.png
故郷千葉の魅力を再発見した鉄道旅でした。
nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。