So-net無料ブログ作成
検索選択

大晦日 [働く主婦]

今年も、夫婦晩酌で大晦日。
16:00過ぎからやってます。
image-20161231182408.png
天ぷらそばに見えるのは、蕎麦抜きの、いわゆる、「ぬき」


そばは、中しめで。
image-20161231182415.png
いきつけのそば屋で、持ち帰り。

で、今は、焼酎そば湯割りをちびちび。

今年も、超不定期更新ブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

皆様、良いお年を、お迎えくださいませ。


nice!(9)  コメント(3) 

白鷺城 [歴史・史跡]

約4ヶ月のご無沙汰です。
仕事は全く落ち着いてないのですが、先日久々の完全オフ。

夫婦でここに行ってきました^_−☆
image-20161207140218.png

姫路城です。

最近大規模な修繕が終わり、白すぎ?とか言われたこともありましたが。

修繕完了からしばらくたっているせいか、そんなに白いという感じはしませんでした。

ただ、城自体の規模の大きさ、防御設備の充実には、驚きました。

というのも、この天守が建てられたのは、関ヶ原の後、大阪の陣前。

西国のおさえとして、戦う為の城として、建てられたもの。

天守を建てたとされる、池田輝政は、徳川家康の娘婿。池田自体は外様大名ですが、家康に信頼されていたのでしょう。

その後の城主は、すべて徳川譜代の大名が務めていますが、ちょっとでも問題があると、すぐ国替え。

例えば、城主が若くして亡くなり、幼い子供が後を継がなければならなくなったり。

多額のお金を払って女性を身請けしたことを将軍にとがめられ、国替えになったり。


ちょっとでも問題があると、攻められる可能性がありますので、国替えになったというわけ。
それだけ、将軍家がこの城を西国の押さえとして、重視していた証拠です。

そのため、姫路城は、城主が、ころころと変わった城でした。


それから、姫路城天守は、空襲を奇跡的にまぬかれたということで、有名。

一体が、焼け野原となった中で、天守だけが立っている写真を見ましたが、圧巻でした。

天守を襲ったのが不発弾だった、とも言われています。

とにかく、すごい城でした。



nice!(12)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行