So-net無料ブログ作成
働く主婦 ブログトップ
前の10件 | -

共働き夫婦の家事分担考 [働く主婦]

またまたご無沙汰でございます。

おかげさまで、無事確定申告も終わり。
相変わらず、貧乏暇なしですが、なんとかやっとります。

相変わらず多いのは、離婚についてのご相談。

特に、最近多いのは、家事分担の不平等を訴えて、離婚したいというご相談。

ひと昔前までは、夫が家事も育児もしないなんて当たり前で、それだけで離婚を考える方は少なかったと思います。

しかし、今は、共働きが増えたからかもしれませんが、家事も育児も仕事もしなければならないことに不満を覚え、離婚を考える女性が増えてきた気が。あ、もちろん、男性も、家事分担の不平等を訴えるケース増えてます。

ここから先は、弁護士という立場を離れたお話です。離婚事件について、弁護士としてこうすべきと思っている、というお話ではありません。

我が家は、といえば、子どもがいないため、育児はありませんが、共働きですが、家事分担は比較的うまくいっている、と自負しています。少なくとも現在私は何にも不満はありません。旦那はどうかわかりませんが。

といっても、最初からそうだったわけではありません。

不満はありましたとも。

でも、次のようなことを心がけるように見方をを変えたら、楽になった気がします。

ポイントは二つ。

一つ目。
家事は、自分が、快適に暮らすためにするもの。相手のためにやってあげてるとは思わないこと。

例えば、掃除一つとっても、快適に暮らすために、どのような頻度で、どの程度する必要があるかは、人によって違います。

夫婦でも、この感覚が一致することは、少ないのではないかと思います。

不快に思うのであれば、自らが快適に暮らせるように、やればいいのであって、それを相手にすることを求めるのは、酷だと思います。


二つ目。
逆に。
相手がやる家事には、文句を言わず、自分のためにやってくれたと思い、感謝を忘れないこと。

一つ目で述べたとおり、相手のためにやってあげてるんだとは、極力思わないようにするべきですが、それでも、これだけしてあげたのに、と思ってしまうのが、人間です。

そこで、相手から、やってくれとは一言も言ってない、という態度を取られたら、まあ、そのとおりなんだけど、カチンときませんか?

なので、感謝を忘れないようにすべきだと思うのです。

相手がやる家事に文句を言わないのは、不快で文句をいうなら、自分でやれ、ってことです。




ま、こういう料理を作ってくれる旦那に不満が有ろう筈はないのですがね。
image-20170322143013.png

対する私の料理。
楽しんで、自分のために作ってます。
image-20170322143036.png

nice!(11)  コメント(5) 

冬のトマトサラダ [働く主婦]

またまたご無沙汰です。

貧乏暇無しで、仕事に明け暮れているうちに、1月も終わろうとしておりまする。

そんな中でも、夫婦で晩酌するとき位は、自炊をするようにしているのですが、最近ハマりつつあるのが、この食材。

春菊です。

しかも、生でサラダとして食べる。

この時期の春菊、柔らかいので、サラダで食べるのがオススメ、と男子ごはんでやってるのを見て、思いついたのが、私の定番トマトサラダの冬バージョン。

夏の定番トマトサラダは、ミョウガと青じそを細かく刻んで、塩とごま油であえるもの。

で、今回はミョウガと青じその代わりに、春菊と玉ねぎを入れてみた。




image-20170129211746.png

これは、ごま油ではなくオリーブオイルで和え、クリームチーズみたいな豆腐も入ってますが、なかなかでした。

冬のトマトサラダ、オススメです。

nice!(11)  コメント(3) 

大晦日 [働く主婦]

今年も、夫婦晩酌で大晦日。
16:00過ぎからやってます。
image-20161231182408.png
天ぷらそばに見えるのは、蕎麦抜きの、いわゆる、「ぬき」


そばは、中しめで。
image-20161231182415.png
いきつけのそば屋で、持ち帰り。

で、今は、焼酎そば湯割りをちびちび。

今年も、超不定期更新ブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

皆様、良いお年を、お迎えくださいませ。


nice!(9)  コメント(3) 

そうだ、選挙に行こう^_−☆ [働く主婦]

たまには主婦っぽい話題。

クリーニング代勿体無いので、夫のワイシャツも家で普通に洗濯している我が家。

困るのが、ワイシャツの襟汚れ。
うちもこんな感じ。
image-20160709123615.png
襟汚れ専用の洗剤を予めつけて洗ったりしているのですが、思ったように綺麗にならない。

何とかならないか、と思っていたら。
先日、テレビで、襟汚れを落とす画期的方法を知りました。

それは、
台所用中性洗剤の原液を塗るΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
image-20160709123622.png

歯ブラシで、塗った部分を擦る
image-20160709123629.png

歯ブラシに水をつけて、さらに擦る
image-20160709123636.png

普通に洗濯機で洗濯すると、こんな感じ^_−☆
image-20160709123642.png
完全に落ちる訳ではないし、擦りすぎると生地を痛めそうなので、やりすぎは禁物ですが、ここまで落ちると気持ちがいいです。
最近のマイブームです。

ところで、明日は参議院議員選挙。

テレビでは、余り触れられていないので、存在自体を忘れられているような気がしますが、みなさま、投票に必ず行きましょう!!

え、どの政党もどっちもどっちだから、棄権する?

確かに、棄権するのは自由です。

でも、それって、結局、多数派に投票したのと同じなんですよ(^ω^)

無責任だと思いませんか?

必ずしもベストな選択でなくてもいいんです。
ベターな選択をすれば、よいと思うのです。

それから、自民党でいいんじやん、と思っている方には、是非、自民党の憲法改正草案を、読んでいただきたい。


改正しようとしているのは9条だけではありません。

表現の自由ほか、様々な国民の権利を制限しようとする草案です。

もちろん、自民党さんもこの通りに改正しようとしている訳ではないと言うでしょう。

でも、議論のたたき台としても、冗談でもこんなの作っちゃいけないレベルのひどさ。

私が思う通常の感覚では、こんなもの作れないと思います。

ということで、もう一度言います。

明日は必ず選挙に行きましょう!!!




nice!(13)  コメント(1) 

ラグビーとSLの週末 [働く主婦]

週末、有給とった旦那と久しぶりのランチ、というか、食事自体一緒にとるの1カ月ぶり以上かも。
image-20150901124459.png
ご近所の洋食屋さん。上、ダンナが頼んだ、若鶏トマトソースオムライス。下、私が頼んだシーフードアメリケーヌソースのオムライス。
ここのアメリケーヌソースは絶品で、エビ好きとしては、外せません。

で、なんでダンナが有給とったかと言えば・・・
image-20150901124520.png
当然、行先は、秩父宮ラグビー場なのでございます。

南米・ウルグアイと
image-20150901124552.png

日本代表の試合。
image-20150901124606.png
9月中旬から、イングランドでラグビーのワールドカップが開催されます。日本代表も、ウルグアイ代表も、出場します。
この試合は、日本代表としては、ワールドカップ前の、国内最終試合。

結果は、スコアボード・・・は、よく見えないかもしれないけど、40-0で、日本勝利
image-20150902130233.png
この点差を見て、日本、ラグビー強くなったねえ、と言われますが、ダンナはご不満。あと20点は取れたのではないかと。
日本代表ヘッドコーチエディさんも、同じことをおっしゃっていました。

インタビューを受ける、リーチ主将。また一回り体が大きくなりました。
image-20150902130255.png
リーチ主将は、高校時代から日本にいて、日本語ペラペラなので、通訳いません。話しているのを聞いていると、日本人よりも流暢な日本語かも。

インタビューを受ける、エディーヘッドコーチ。
image-20150902130317.png
エディーさんが、ヘッドコーチを務めるのは、ワールドカップまで。したがって、この試合は、エディーさんが日本国内で日本代表の指揮を執る最後となりました。

ところで、イングランドの次のワールドカップは、日本で開催する予定・・・・だったのですが、新国立競技場の計画変更により、ラグビーのワールドカップに間に合わないこととなり、開催できなくなるかもしれません。

もともと、ラグビーワールドカップは、オリンピックよりも先に決まっていたのに。
もっと不満なのは、新国立の計画見直しに、ラグビーの話が余りでていないこと。
サッカーのワールドカップに使えるようにする、という話は出ていたのにも関わらず。
サッカーとラグビーと、余りに扱いが違いすぎる!

開催できない場合も、多額の賠償金を請求される可能性もあります。
だからというわけではないのですが、是非日本で開催して、世界の一流のラグビーのプレーを目の前で見たいです。

とりあえず、頑張れ、日本代表(^_-)-☆
image-20150902130334.png


翌日は、秩父鉄道の旅。
image-20150902130416.png

秩父鉄道とは、埼玉・羽生と三峰口(秩父)を結ぶ、埼玉県を東西に横断する路線。
image-20150902130430.png


目的は・・・
image-20150902130508.png
分かりにくい?
煙が見えることから、わかるかたはお分かりかもしれませんが、SL.
秩父鉄道は、週末などにパレオエクスプレスという蒸気機関車を走らせています。
東京に一番近いSLか?

同業者で鉄道同好会を結成、その記念すべき初回イベント。

SL乗るのは初めて。
分かったことは
1、乗っていると、SLに乗っていると言う実感がいまいちない。
上の写真は、ちょうど乗っていた客車を降りたところから撮ったものなので、見ていただけるとお分かりになるかもしれませんが、機関車がかなりとお~いので、実感としてはいまいち。
2、スピードが遅い。時速30キロくらいかも?
通常ダイヤの間を縫って、しかも、単線を走らせているので、こればかりはやむをえません。

本当はもっとスピードが出るのだと思います。
その証拠に、終点三峰口で写真撮っているうちに、機関車は遥か遠くにいっちゃいましたから・・・
image-20150902130527.png

これは、三峰口から折り返してきた熊谷行のパレオエクスプレス。この写真が一番お気に入りです。
image-20150902130538.png
御花畑駅近くの踏切で撮影。

秩父名物のわらじかつ丼を食べて、帰途につきました。
image-20150902130553.png

nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

夏休・・・めません(; ̄ェ ̄) [働く主婦]

一応、世間的には夏休みだったそうな。

うちの事務所も、世間並みに夏休みはいただきました。
ただ、平日なので裁判所はやっており、裁判期日が入っていたり、刑事当番で警察に接見に行ったり、完全に休めたわけではありません。

だからというわけではないのですが、私はさらに一日余分にお休みをいただき、実家の家族と共に恒例の鬼怒川温泉へ。

日光東照宮の400年式年遷宮記念の、スペーシア「日光詣」
image-20150817234228.png
浅草から鬼怒川温泉間は一編成しかない、貴重な車両(JR新宿~鬼怒川温泉間をもう一編成が走っています)
不定期運航のようで、毎日のように東武線利用していても、めったにお目にかかりません。

偶然、行も帰りもこの車両でした。ラッキー(^_-)-☆
image-20150817234242.png

浅草駅で写真撮影をしてくれた駅員さん曰く、この車両、いつまで運行するのか、わからないのだとか。
image-20150817234256.png

座席も、特別仕様になっています。
image-20150817234343.png
これは、個室ですが、JR新宿発着の日光詣の個室は、壁が金色に塗られているそうな。
金運があがりそうですね。

久しぶりに華厳の滝へ。
あいにくの天気だったため、上の方が濃い霧がかかっています。
image-20150817234410.png
ここは、地形的に、霧が発生しやすいそうですが、晴れているよりも幻想的な風景かもしれませんね。

ゆばそばをいただきました。寒かったので、あったかいそばがおいしかった(#^.^#)
image-20150817234424.png

相変わらず、甥っ子のおもりで、休めたんだか休めないんだかよくわからない夏休みですが、仕事を忘れてリフレッシュできたことだけは、たしかかな(@_@;)

とりあえず、また、お仕事がんばります(^_^)v
nice!(11)  コメント(3) 

黄金週間?! [働く主婦]

世間ではGWらしいですが、前回触れたように、うちの夫婦は見事にすれ違い・・・

私は一応?4.5連休。

初日。学生の指導で母校・白雲なびく神田駿河台へ。
image-20150506225546.png
右・母校リバティタワー。左・旧カザルスホール跡地に建てられたご近所大学のタワー。いずれも、わが学生時代にはなかった建物。隔世の感あり。


二日目。甥っ子たちに会いに、とある観光地近くの妹宅へ。
image-20150506225610.png

で、帰り、人身事故で品川駅で一時間以上足止め。
image-20150506225644.png

三日目。郷里・下総台地の端にある、旧石器・縄文時代の遺跡に建てられた、博物館来訪。
image-20150506225734.png

高校時代を過ごした船橋の地には、こんなものが。知らなかった(ー_ー)!!
image-20150506225751.png

4日目は、自宅でのんびり。豚角煮などを作ってすごしました。アメリカ産の豚肉は、脂身が少ないので、角煮には不向きだと悟りました(>_<)
image-20150506225809.png

5日目。今日は美容院で髪の毛のケアをした後、仕事・・・

今日は、ラグビー日本代表大野均選手のお誕生日だとか・・・おめでとうございます\(^o^)/
image-20150506225845.png

ああ、明日からまた地獄の日々が~~~

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夫婦別姓 [働く主婦]

夫婦別姓について、最高裁が憲法判断を下すことになりました。

私は、この仕事に就いたタイミングが、結婚後、ということもあり、あまり躊躇なく夫の姓で婚姻届を出し、夫の姓で仕事をしています。事務所名も夫の姓を使っています。

なので、この問題は、一見無関係のように思われるかもしれません。

ただ、やはり、不自由を感じることはあります。

結婚前の友人知人のほとんどは、今でも私を旧姓で呼びます。
中には、結婚後の姓で呼ぶ人もいないではありませんが、なんだか、強烈な違和感を感じます。

そして、困るのが、夫と共通の友人知人と会うとき。
夫のことを言っているのか、私のことを言っているのか、頭が混乱します。

つまり、旧姓は、私のアイデンティティーの一部をなしているわけで。
それを、結婚して、簡単に捨て去ることなんかできないわけで。

別姓が認められたらいいな~、とちょっと思います。

弁護士となって、仕事を始めてしばらくたってから、結婚した場合は、さらに深刻です。
姓を変えることはちょっと難しいかな、と思います。今までの信用がありますから。姓は、仕事上のアイデンティティの一つですからね。

弁護士の中には、事実婚のままで、いる人も結構います。子どもがいても。
弁護士の場合、職務上、旧姓使用をすることもできます。
ただ、旧姓では、公的な証明書(住民票、戸籍謄本、印鑑証明)が出ないので、仕事上、いろいろと困ることがあると思います。

うちの業界でも、この問題には賛否両論があるようです。
「姓が一緒でないと、家族としての一体感がなくなる」
「相手の姓になるのは、一つの愛情の表現だ」
などという話も、聞きます。

ただ、私としては、いずれも、どうなんだろうな、と思います。
姓が違っても、家族は家族です。姓を変えるのが愛情の表現だなんて、悲しすぎやしませんか。

最高裁判決がどうであれ、国民的議論がなされることを、期待したいと思います。

昨日の夫婦晩酌の料理。
サバのトマト煮込み。
先日のバルサミコソテー、夫にはちょっと不評・・・・バルサミコの味が濃すぎるんだってさ。
なので、自信をなくしたので、トマトソース缶を使ってしまいました。
サバに塩コショウ振って、しばらく置いて、水分をしっかりふき取ってからソテー、レンコン、エリンギ、パプリカと一緒にトマトソース、白ワインと一緒に煮込んだだけ。
 
image-20150223191111.png

nice!(10)  コメント(6) 
共通テーマ:恋愛・結婚

バルサミコ酢ソテー [働く主婦]


image-20150212125121.png
NHKのあさイチで、紹介されていた、バルサミコ酢ソテーが美味しそうだったので、作ってみました。

閉店間際で、ぶりが、安売りしていたので、ぶりで作りました。

2人前のレシピは、こんな感じです。オリジナルとはちょっと違いますが、

ぶり切り身二切れに、塩胡椒して、15〜20分おき、でてきた水分をペーパータオルで拭き取る。

にんにく薄切りをオリーブオイル中火で炒め、香りがたったら、ぶりを加え、表面焼き色つけたら、白ワインを加え、弱火にして蓋をして蒸し焼き。

火が通ったら、中火にして、二つに切ったミニトマトを加え、さっとソテー、バルサミコ酢大さじ1.5と醤油大さじ1を混ぜて加え、煮詰めながら絡めて、出来上がり。

簡単ですが、美味でした。

このほか、癖のあるもの、例えば、
鯖や、豚肉でも、合うようです。レシピは、HP確認しましたが、ほとんど同じですね。
鯖には、芽キャベツ
豚肉には、スナックえんどうを
合わせてましたが、両方プチトマトもいけると思います。
nice!(10)  コメント(4) 

いろいろな選択 [働く主婦]

久しぶりに出た、とある集まり(年齢層はかなり高め、ほとんどが年上の方々)でのこと。

こういうところだと、おじさまおばさま方から、必ず

「お子さんは?」

と聞かれる。

「いない」

と答えると、大抵びっくりされ、

「なんで?」

と聞かれる。

理由は、特にない。
というか、自分でもよくわからない。

特に子供を、欲しいと思ったことがない、というのが、正確か?
子どもは、好きなんだけどね。

「今からでも遅くないから、作れば?」
と言われることも、ある。
先日は、「卵子を凍結保存しておけばよかったのに」とまで言われた。

これには、答えようがない。適当にごまかす。

そこまでして子供を欲しいと思わないというのが、正直なところ。大きなお世話だと思う。

でも、そんなことは、世間では通用しないのだろう。

種の保存のために、子孫を残すのは、生き物の本能のはず。
だから、私が異常なのかも、と時々嫌悪感に襲われる。

でも、産むのも産まないのも、その人の自由では?とも思う。

同様に、結婚するのも、しないのも、その人の自由。
独身の人に対して、「なんで結婚しないの?」と聞くのも、「誰かいい人紹介しようか?」というのも、私は控えている。

このような質問をしてくるのは、社会的地位の高い人が多い気がします。
だから、この手の集まりには出たくないんだけど、仕事上でなくてはならないのが、働く主婦のつらいところです。






nice!(15)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 働く主婦 ブログトップ